テーマ:ピアノ連弾

興奮のうちに

市ヶ谷ルーテルセンターでの 渾身の一夜が終わりました。 たくさんのお客様にご来場いただきまして、 本当に有難く、とても嬉しく思っております。 こんなに莫大な曲ばかりを長時間 本当によく聴いてくださいました。 メンデルスゾーンの交響曲が2曲、 それに弦楽八重奏曲の一楽章というプログラムは、 私には遠い道のりに思えました…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

武久氏がなぜピアノ連弾を?

来る5月14日は大変貴重なプログラムのコンサートです。 一夜限り、ここだけにしかないメンデルスゾーンが味わえます。 夜7時から市ヶ谷ルーテルセンターにて メンデルスゾーンの交響曲「スコットランド」「イタリア」や 八重奏曲などをピアノ連弾で演奏します。 その演奏内容を表すならば、 壮大に、熱く、マグマのごとく、 片や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノの新領域

5月4日(祝・月) 13時30分~14時 「ラ・フォルジュルネ」エリアコンサート 場所:東京ビル・TOKIA (東京駅丸の内方面に出て、工事中の東京中央郵便局の隣、1階西側) このような場所で演奏します。30分だけ。 もしかすると椅子があるかもしれませんが、立ち見も覚悟してください。 連弾も入れる予定です。 さて、メインは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューマンに浸って

この2週間ぐらい、体力勝負の仕事が続きちょっとバテ気味であったが、 本日は、荻窪のかん芸館で「シューマン ふたつのまなざし」というコンサートを行った。 朝までかかってプログラムを印刷。 この小さな会場でのコンサートは、チラシもチケットもプログラムも みんな夜中に内職のようにして作った。 プログラムに歌詞もできるだけはいれたのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再び連弾で交響曲を~山川の回想~

11月1日、四国の愛媛県松山市でピアノ連弾コンサート。 松山は武久氏の地元。 小さいときの学校の先生や、ご親類の方、主催団体の方、 多くの方々のご協力、ご助力をいただきました。 私たちが演奏したのは「チャイコフスキー/悲愴」。 2日前ぐらいからめちゃくちゃ緊張していた私。 リハーサルまでは全く乗れなくて、 手もハマらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予定と近況

武久氏は、今週10月27日(金)朝10時~11時に、ラジオで語り、演奏します。 今回の演奏は、「ガイゲンヴェルク」という楽器と「クラヴィコード」の予定です。 なになに?「ガイゲンヴェルク」って一体何物なの?とハテナがいっぱいになった方は 是非是非NHKラジオ第一放送の「わくわくラジオ」の「ときめきカルチャー」を お聞きください。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武久源造氏との連弾

今まで何人もの人と連弾をしてきました。 そのつど楽しさと、もどかしさと、充実感などを経験してきました。 一人で弾くより、アンサンブルしているほうが楽しい部分はたくさんあります。 けれども一台のピアノを二人で弾くことによる制約というのは かなり大きなもので、手の重なり合いや肘のぶつかりあいで 自分流には弾けないときが多いのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more