テーマ:雑記

日記的近況

5月23日(月) 暑い! 4月の「花まつりコンサート」の数日後、 大阪まで車で往復して、楽器を運んできました。 ウィーン製(おそらく1830年代) のスクエアピアノです。 古くて傷んでいる所も多かったので、 武久氏のスタジオに置いて、弦の張り替えや ハンマーの調整をした結果、 見違えるような状態になりました。 大きさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も頑張る所存です!

明けましておめでとうございます。 皆様には穏やかに新年をお迎えのことと存じます。 今年一年のご多幸とご健康をお祈りいたします。 私も日々精進してまいりますので、今年もよろしくお願いいたします。 --*--*--*---  --*--*--*---  --*--*--*---  正月気分でほわほわとしていた矢先、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々徒然、今後の予定も少しだけ

日差しの中にほんのりと春が予感できるこの頃ですが、 暦の上では大寒! 毎日寒くて参ってしまいますね。 我が家では室温が5度になると コンピューターのプリンターが停止(笑) っていうか、室温5度で過ごしている私って…。 機械類には適温というものがあるそうで、 10度~33度ぐらいなそうですね。 機械のために暖房してあげまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年を迎えました

明けましておめでとうございます。 とうとうなのか、ようやくなのか、早くもなのか、 よくわからないうちに 既に2015年の1日目が終わりました。 皆様には良い一年となりますようお祈り致します。 私ときたら、例によって大掃除は一部のみに留まり、 年賀状も現在進行形という有り様。 年末まで仕事をしていられたのは、 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハシリーズほか

しばらくお休みしていたおかげで だいぶ元気になりました(^-^)v 目が疲れているので大きな文字にしました(笑) 今日は宣伝です! ◆2014年4月1日(火) 近江楽堂 (東京オペラシティ 3F、京王新線初台駅から徒歩3分) 「武久源造バッハシリーズvol.2」 チェンバロとジルバーマンピアノを使用して、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除夜の鐘が鳴り出しました

お蔭様で今年もなんとか暮れまでこぎ着けました。 皆様には感謝いたしております。 12月のいわきアリオスでの公演では 僅かずつですがチェンバロ、オルガン、モダンピアノと、 3種類の鍵盤楽器を弾くことができました。 嬉しかったです。 実は個人的には体調に不安を感じていたのです。 今年は精神的なダメージが大きく、 体調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経過・近況・宣伝・予告

しばらくご無沙汰していましたので、 経過や近況などまとめて書きます。 武久氏の宣伝も後ほど出てきます。 8月:福島県いわき市のアリオスホールにある、16フィートのついたチェンバロと それより小型の1段鍵盤の楽器の下見と調整に伺いました。 8月末~9月:声優の麦人さん主宰の「じゃがいも塾」という 「語り同人」の会があり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

本日の日記

東京は蒸し暑くなって来ました。 何しろこの高温と湿気はチェンバロには大敵。 ピアノでさえも調子が悪くてたまりません。 楽器の機嫌を見ながらの毎日です。 レギュラーでピアノを教えるほかに、 最近はフンメルやドゥシークの連弾曲を見ています。 合間にリストやショパンやブラームスなどが顔を見せています。 そしてチェンバロにも真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドン展→フンメル

いつもながら話題が複数にまたがってしまい、 お読みくださる方を混乱の渦に引き込んいることと 反省はしております。 ですが、また二つの話題です。 先日、「ルドン展」に行きました。 友人が、ひきこもっている私を引っ張り出してくれたのです。 「オディロン・ルドン」については ご存知の方がいらっしゃるでしょうけれど、 黒炭画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況とコーヒータイムとか

一昨日は近江楽堂へ。 昨日はCYR(幼い難民を考える会)報告会へ。 カンボジアでの活動やその背景と、宮城からいらした「災害子ども支援ネットワークみやぎ」代表の小林純子氏のお話を伺った。昨年、広島の音楽家からの要請で被災地にピアノを贈る件のときにお世話になったのが小林氏である。あれからずいぶん日にちを経たのに、 カンボジアも東日本も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

百歩譲って…マスク

今年は春の嵐が多いですね。 今日も風がビュービュー。 レッスンをしているときに、木造の我が家は 「地震か?」と思うほど風で揺れました。 そんなにボロ屋ではないはずですが(笑) 風速20メートル近い突風が当たると ものすごい衝撃なんですね。 そんな中でのレッスン、 私も生徒も花粉症。 二人とも大きなマスクです。 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご協力お願いっ!

東日本大震災が起こってから 東京でのチャリティー演奏や 被災地へのピアノ寄贈 避難者の子どもたちへのピアノ教室紹介や先生派遣などで わずかながらお手伝いをさせていただいております。 今回は 閉校になる小学校の最後のイベントを お手伝いしたいと思います。 昨年来、この地区に縁がありまして 情報を頂きました。 閉校と…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

また頑張ります

毎日さむ~いと言いながらも、 少しずつ春の気配が感じられるようになりました。 昨日から軽く花粉症も始まりました。 春は待ち遠しいけど花粉は参っちゃいますね。 さて、この数年、 私自身の調子の悪さと母の看病が重なり、 生活が私的なことに傾いていました。 母が他界した直後は 引き継ぐ責任が重過ぎて 息が詰まりそうでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名曲喫茶

母が亡くなってから、 ふとすると悲しさに捉まってしまう自分がいる。 毎日慣れない書類の記入や事務連絡に追われて 疲労困憊。 司法書士という職業の方もいらっしゃるが 頼めない部分も多いし、母の足跡を1つ1つ辿りたくて 自分で行なっている。 運良く、私は大して売れてない音楽家だから こんなヒマなことができるのでしょう(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異次元の音

私事ですが、 母が亡くなったのと交代に 孫が生まれました。 ちょうど母の姿が煙となってしまう日の朝 新しい命が誕生しました。 「めぐり合わせ」を意識させられました。 うれしいはずなのですが、 実際は、「なんだか皮肉なものだな」 と思ってしまいました。 その時は悲しみのほうが勝っていましたから。 それにしても、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽のある風景

自宅から車で練習場に向かうとき いくつかの裏道から「善福寺」あたりで 「青梅街道」という大きな道に出ます。 その瞬間、 パアッと景色が一変して明るい黄色に圧倒されます。 道の両側の銀杏並木が、 今は見事に色づいているのです。 ほんとーーーーに美しい!! 「燃え上がる」ようなエネルギーを感じる黄色が ずうっと整列して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノだらけ

先日は、我が家のグランドピアノの調律のことを書きました。 ちょっと頭がピアノの方向に動いています。 と、そこへ、グロトリアン&シュタインヴェークのピアノと、 カークマンのピアノという話が舞い込んできました。 まず、グロトリアンは約100年前に購入された堅牢なアップライトピアノ。 グロトリアン&シュタインヴェークというメーカ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

調律に感動!

先日、生まれて初めて 「調律」の威力と芸術に出会って、 心から感動した。 我が家のグランドピアノは、数ヶ月前から 音の狂いと鍵盤の雑音が激しくなっていた。 私はレッスンのたびにイライラが募っていたが、 ようやく9月になってK氏に調律を依頼することができた。 できあがった調律は、 体を躍動させて喜びを表現したいほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初歩のピアノ指導

コンクール出場の生徒がいて 先日、予選を受けました。 1人は通過、1人は惜しくも残念という結果でした。 通過した子は次に本選に向けての練習に入ります。 私はコンクールは好きではありませんが、 子供時代の通過点として利用しています。 やはり合格すれば嬉しいですし、 演奏を客観的に聴くことができて、 より充実した音楽に向…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

近況

いつもはできるだけ公私混同しないように してはいるのだが、 今回は近況として私的な話題を許して頂きたい。 同居している母が突然、 治療方法のない病を抱え わずかな余命を使い果たすのを 待つ状態に陥った。 けれども、今のところ入院せずに自宅に居て、 私が食事や身の回りのことをやっている。 音楽家が音楽の在り方…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日常のピアノ

ヨーロッパをめぐっているG氏。 (私のブログに久々に登場!) ある場所では古いイバッハのグランドや ブリュートナーのアップライトと、 またある教会でシュタイングレーバーのピアノと遭遇したそうです。 イバッハはいかにもドイツのバランスと音色を持った楽器、 ブリュートナーは私が大好きな楽器です。 ぼろぼろだったとのことですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城へ(その3)

その2ではお恥ずかしい体験を披露してしまい 失礼致しました(笑) 宮城で出会った方々のことを書こうと思います。 亘理の中央児童センターの渡辺館長さん、 トルコマーチ短縮亘理ヴァージョンのリクエスト、ありがとうございました。 お忙しい中、色々なお手配も本当にお世話になりました。 イチゴおいしかったです! 「ピアノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城へ(その2)-爆笑体験-

(その1)に引き続き 「ふくやま日本歌曲塾」のみなさんと ピアノ贈呈式とミニコンサートのために 寄贈先を訪ねた時のことです。 今回の被災地訪問は節約モードだったので、 東京から仙台まで深夜バスを使いました。 福山の皆さんとは仙台空港で待ち合わせだったので、 前夜に一人で東京から仙台へと向かいました。 震災後、新幹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城へ(その1)

5月中旬、 広島県福山市の音楽家や音楽を支援なさる皆様で組織されている 「ふくやま日本歌曲塾」の演奏会員の皆様と 被災地でのミニコンサートを行ってきました。 この塾の方々が被災地にピアノを贈る募金活動を行い、 二ヶ所にピアノを贈ることが決まりました! そのうちの一ヶ所目、宮城県亘理町の中央児童センターで ピアノの贈呈式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛びまくりの話しですが

このブログ、花祭りからまた止まってましたね。 どうもすぐに「物を言いたくない」症候群になってしまって いつものネット拒否症になってしまいます。 その割にはネットショッピングしてますが(笑)。 いくつかはじめての経験がありました。 順不同、関係性ゼロで羅列しますと、 二段鍵盤のチェンバロがしばらくの間、私のレッスン室に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花まつりチラシ

第18回花まつりコンサートが近づきました。 収益が東日本の支援とカンボジア難民支援とに役立てられる チャリティコンサートです。 今年のプログラムはJ.S.バッハのゴルトベルク変奏曲がメインで、 他に小品が入るようです。 4月8日(日)18時開演 沼袋・百観音明治寺です。 皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノ寄贈とその後の動き

あれから1年…。 先月からピアノを寄贈する件に関わっています。 広島県の「ふくやま日本歌曲塾」の メンバーの方々が始めた募金活動によって 被災地に新品のグランドピアノが贈られました。 その後も募金が増え続けて、 2台目も寄贈できることになり、 現在、寄贈先を検討している段階です。 元はといえば、 このグループ代表の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ピアノ寄贈の一件

この十日間ほど 東北の被災地にピアノを寄贈したいという方々と ピアノが欲しいという方々との間でお手伝いをしていた。 広島県福山市の有志の皆様が 新品のグランドピアノを贈りたいとおっしゃる。 すばらしいお申し出だ! 津波被害のひどかった地域で、 公共性があり、地域の人たちも利用可能な施設で、 更に今後の音楽教育やイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の映画館

一月のある日曜日。 朝から何かと用事があって、 例によって木工材料を買い込んだり、 人に会ったり。 そして夜7時45分、私は品川駅の改札を出た。 横断歩道を急いで渡って坂を上がる。 水族館を通り越して目指すは映画館。 カウンターのお姉さん以外誰もいないロビーで チケットを買う。 席が選べたので好みの場所を言う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年の花まつり情報

ひとことお知らせです。 毎年恒例の「花まつりコンサート」 (チャリティあり) 来年は4月8日(日)18:00開演 曲目:J.S.バッハ「ゴールトベルク変奏曲」、ほか小品など 演奏:武久源造(チェンバロ) 場所:百観音明治寺 (西武新宿線「沼袋」駅下車徒歩4分)  久しぶりのゴールトベルクです! お楽しみに。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more