テーマ:ピアノ

2018年1月録音、コンサートなど

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 皆様のご健康とご多幸を心からお祈りしております。 昨年の私は、 多くのレッスンをさせていただき、 ピアノの演奏に対するいくつかの大切な示唆を得ることができました。 そして、クレメンティ・スクェア・ピアノとの出会いで 今まで知らなかった世界が広がりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうございました

昨日、ご来場くださいました皆様 ありがとうございました!! クレメンティピアノの初リサイタル いかがでしたでしょうか。 私が思ったようにはできなかった部分もありましたが、 楽器の美しさ、音色の温かさなどは お届けできたかと思います。 あのスクエアピアノの 可能性を探る旅をしているような気持ちなのですが、 外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何とも寂しく、しかし楽器は良く鳴り出した

明日はクレメンティアーデ。 準備でばたばたしてます。 今回は、お客様が少なくて…(>_<) 30人ぐらいかなぁ…。 ちょっと寂しい気分です。 けれども、楽器はどんどん鳴り出して勇気をくれます。 あーこういう楽器だったんだーって 毎日が発見の連続。 クレメンティの楽譜の意味も この楽器ならわかる!と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレメンティピアノで聴くクレメンティ作品

11/9(木) 夜7時~東京オペラシティ内3Fの「近江楽堂」 クレメンティピアノによるクレメンティ作品の数々 このコンサートに向けて丁寧に頑張っております。 今まで抱いてきた疑問や課題を考えつつ コンサートの準備をしていると この楽器が新たなエネルギーを発して、 私を心底から変えてくれます。 200年を経た楽器が、まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレメンティ・ピアノ、11月に向けて

11月9日のコンサートに向けて 準備を進めている今日この頃です。 思えば昨年のちょうど今頃、 軽い気持ちで意気揚々と健康診断に行き…、 その結果……↓ あまりのショックで心底から落ち込みました。 その後、病院通いが続き、 健康優良大人のはずが、行くたびに驚愕する日々。 あっちも…こっちも…。 ここ数年で溜まった精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレメンティのピアノに触れる!200年前の楽器が蘇った

全国のクレメンティストの皆様! このたび、200年以上前のクレメンティ社製スクエアピアノが蘇り、 皆様に披露できることになりました。 イギリスの楽器博物館で保存展示などされていた楽器で、 とても貴重なものです。 この機会にぜひナマで見聞きしていただきたい! 1時間弱のミニコンサートと歓談の時間を設けました。 楽器に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクエアピアノコンサート

先日の「武久源造バッハシリーズ@近江楽堂」の 「パルティータ全曲」すごかったです! 去年の録音からの経緯も知っているだけに 最後の集中力にはウルウルしてしまいました。 いまだに余韻は残っているものの、 次のことをお知らせしなければ!です。 今度は私のコンサートです。 昨年も行なったハープとスクエアピアノのコンサート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年を迎えました

明けましておめでとうございます。 とうとうなのか、ようやくなのか、早くもなのか、 よくわからないうちに 既に2015年の1日目が終わりました。 皆様には良い一年となりますようお祈り致します。 私ときたら、例によって大掃除は一部のみに留まり、 年賀状も現在進行形という有り様。 年末まで仕事をしていられたのは、 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月10日武久源造バッハシリーズ@近江楽堂

お久しぶりです。 今年ももう20余日。早いですねぇ。 色々と活動はしていたのですが、 中でも、武久氏の ジルバーマンモデル・初期ピアノについては 改良のお手伝いが多くありました。 この楽器が出来た時から今まで、 武久氏による楽器のメンテナンスによって 音がどんどん変化していくので、驚きの連続でした。 今ようやく…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ベトナムコーヒーとコンサート!

先日の4月6日の花まつり。 お陰様で無事終わりました。 その時の出来事。 ある経緯があってコーヒーを頂いたのですが、 それが、驚きました! 私がいつも行くお店のものだったのです。 しかもお豆で(自分で挽くのが好きなのです) 小さなお店で、ご近所づきあい的に懇意にしている店です。 初対面の方がそのお店のコーヒーをプレゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の日記

東京は蒸し暑くなって来ました。 何しろこの高温と湿気はチェンバロには大敵。 ピアノでさえも調子が悪くてたまりません。 楽器の機嫌を見ながらの毎日です。 レギュラーでピアノを教えるほかに、 最近はフンメルやドゥシークの連弾曲を見ています。 合間にリストやショパンやブラームスなどが顔を見せています。 そしてチェンバロにも真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百歩譲って…マスク

今年は春の嵐が多いですね。 今日も風がビュービュー。 レッスンをしているときに、木造の我が家は 「地震か?」と思うほど風で揺れました。 そんなにボロ屋ではないはずですが(笑) 風速20メートル近い突風が当たると ものすごい衝撃なんですね。 そんな中でのレッスン、 私も生徒も花粉症。 二人とも大きなマスクです。 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご協力お願いっ!

東日本大震災が起こってから 東京でのチャリティー演奏や 被災地へのピアノ寄贈 避難者の子どもたちへのピアノ教室紹介や先生派遣などで わずかながらお手伝いをさせていただいております。 今回は 閉校になる小学校の最後のイベントを お手伝いしたいと思います。 昨年来、この地区に縁がありまして 情報を頂きました。 閉校と…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

音楽のある風景

自宅から車で練習場に向かうとき いくつかの裏道から「善福寺」あたりで 「青梅街道」という大きな道に出ます。 その瞬間、 パアッと景色が一変して明るい黄色に圧倒されます。 道の両側の銀杏並木が、 今は見事に色づいているのです。 ほんとーーーーに美しい!! 「燃え上がる」ようなエネルギーを感じる黄色が ずうっと整列して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ(武久氏情報2つ)他

いよいよ寒くなってまいりましたが 皆様お元気でいらっしゃいますか? こちらは寒さに負けずに頑張っております。 でもブログについては本当に緩慢な書き手ですみません。 どなたでもそうでしょうけれど、私もいろいろありまして…(言い訳です)。 しかし情報はピチピチですよ!(笑) 今日は武久氏のお知らせが2つと、もう1つの話題を書…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ピアノだらけ

先日は、我が家のグランドピアノの調律のことを書きました。 ちょっと頭がピアノの方向に動いています。 と、そこへ、グロトリアン&シュタインヴェークのピアノと、 カークマンのピアノという話が舞い込んできました。 まず、グロトリアンは約100年前に購入された堅牢なアップライトピアノ。 グロトリアン&シュタインヴェークというメーカ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

調律に感動!

先日、生まれて初めて 「調律」の威力と芸術に出会って、 心から感動した。 我が家のグランドピアノは、数ヶ月前から 音の狂いと鍵盤の雑音が激しくなっていた。 私はレッスンのたびにイライラが募っていたが、 ようやく9月になってK氏に調律を依頼することができた。 できあがった調律は、 体を躍動させて喜びを表現したいほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初歩のピアノ指導

コンクール出場の生徒がいて 先日、予選を受けました。 1人は通過、1人は惜しくも残念という結果でした。 通過した子は次に本選に向けての練習に入ります。 私はコンクールは好きではありませんが、 子供時代の通過点として利用しています。 やはり合格すれば嬉しいですし、 演奏を客観的に聴くことができて、 より充実した音楽に向…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日常のピアノ

ヨーロッパをめぐっているG氏。 (私のブログに久々に登場!) ある場所では古いイバッハのグランドや ブリュートナーのアップライトと、 またある教会でシュタイングレーバーのピアノと遭遇したそうです。 イバッハはいかにもドイツのバランスと音色を持った楽器、 ブリュートナーは私が大好きな楽器です。 ぼろぼろだったとのことですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花まつりチラシ

第18回花まつりコンサートが近づきました。 収益が東日本の支援とカンボジア難民支援とに役立てられる チャリティコンサートです。 今年のプログラムはJ.S.バッハのゴルトベルク変奏曲がメインで、 他に小品が入るようです。 4月8日(日)18時開演 沼袋・百観音明治寺です。 皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノ寄贈とその後の動き

あれから1年…。 先月からピアノを寄贈する件に関わっています。 広島県の「ふくやま日本歌曲塾」の メンバーの方々が始めた募金活動によって 被災地に新品のグランドピアノが贈られました。 その後も募金が増え続けて、 2台目も寄贈できることになり、 現在、寄贈先を検討している段階です。 元はといえば、 このグループ代表の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ピアノ寄贈の一件

この十日間ほど 東北の被災地にピアノを寄贈したいという方々と ピアノが欲しいという方々との間でお手伝いをしていた。 広島県福山市の有志の皆様が 新品のグランドピアノを贈りたいとおっしゃる。 すばらしいお申し出だ! 津波被害のひどかった地域で、 公共性があり、地域の人たちも利用可能な施設で、 更に今後の音楽教育やイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート御礼

おかげさまで12月2日のコンサートが終わりました! ご来場くださいました皆様 心から御礼申し上げます。 皆様の暖かい拍手、本当に励みになりました。 ステージでは、 深町氏のフォルテピアノはすばらしい音色でした!! ようやくこの楽器のレパートリーと言える楽曲にも めぐりあって、楽器の持ち味が出せて来たと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォルテピアノ聴いてみませんか

もうすぐフォルテピアノのコンサートです!(汗) 楽器が成長して変わってきました。 すごいです。大人になっていく感じ。 表現が豊かになり、 時々ハッとするほどの響きを出します。 今日、練習していたとき、 一瞬で違う音に変わってしまい うろたえてしまった…。 こんなことってあるんだなぁ。 明日になったら元に戻ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ようやく曲目が

今日は寒いです。 七五三の日ですねぇ。 秋たけなわというか、 立冬も過ぎたので初冬でしょうか。 花屋さんのシクラメンもあざやかに並んでいますね。 さて、今回のフォルテピアノコンサート、 ようやくプログラムが決まりました。 というか、ホールでの演奏会って、 ホール側との事前打ち合わせがあるから 1ヶ月前ぐらいまでには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活!

皆様ご無沙汰しております。 各方面より多大なるご心配を頂いておりましたが、 とりあえずなんとか活動が続けられていますのでご安心くださいませ。 さて、もう季節も秋ですね。 このところ何度か演奏する機会がありまして、 今日もヴァイオリンを永井由里氏、チェンバロ・ピアノを武久源造氏、 そして私もピアノというコンサートを行ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日のクラヴィコード

◆11月27日(土) 14時開演 東音ホール(全日本ピアノ指導者協会・ピティナ内) (巣鴨駅前東側ロータリー内・喫茶ルノワールのあるビルの3階) 公開録音コンサート 武久源造 クラヴィコード・コンサート (ソロ) www.piano.or.jp/concert/public/ 入場料:お客様が支払いたい額をお支払いくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート終了御礼

ご来場の皆様、また、関心を寄せてくださった皆様、 お手伝いをかって出てくださった皆様、 本当にありがとうございました。 先日の「新作・初期イギリスピアノの響き」コンサートは、 皆様の暖かいお気持ちの中で終了することができました。 いろいろと私側の問題もありましたが、今後の課題やヒントを得て、 とても貴重な体験ができました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新作フォルテピアノコンサート

来る2010年9月4日(土)5:30~  JR山手線大塚駅から徒歩5分の所《音楽堂 アノアノ》にて、 今年できたばかりのフォルテピアノのコンサートをします。 (演奏は山川のみ。武久氏の出演はありません) 深町研太氏製作のブロードウッド(1802年ごろ)モデルの フォルテピアノです。 このタイプの楽器自体は博物館などでも見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more