新譜CD「バッハ meets ジルバーマン・ピアノ」

武久氏の新しいCD、近日発売です!! 鍵盤音楽の領域 vol.8 「バッハ meets ジルバーマン・ピアノ」 武久源造(フォルテピアノ) 店頭での発売日は8月5日です。 でも、ここだけの話しですが、 このブログをご覧の皆様にだけ このCDを先行販売いたします。 conversum2105@yahoo.co.jp …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

情報など

来週の7月16日にはNHKにて、 FMラジオ・名曲リサイタルの収録があります。 一般の方の観覧もできるそうです。 内容は、前半が男性声楽家の方の演奏でベートーヴェンやヴォルフの歌曲、 後半が武久氏で、NHK所有のチェンバロを使用し、 パーセル、ヘンデルなどです。 観覧ご希望の方は、 こちらのNHK名曲リサイタルホームページ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アオバズクと放送日

五月の連休のころから、真夜中に ホッホッ、ホッホッと聴こえる アオバズクの鳴き声。 真夜中の湿気を含んだ土の匂いと この声を聴いて、 春から夏へと感覚が変わってゆきます。 相変わらず武久氏はまっしぐら。 ハンマーの皮もとりかえが済んで、 わずかな響きの差にこだわる 手直し段階に入りました。 ちょいケモノ臭い楽器に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく記事完結

7月16日にNHKのFMコンサートの収録に行きます。 武久氏がNHK所有のチェンバロを弾きます。 放送日は確認中です。2週間後ぐらいかな? 盛夏の8月最初ごろにCD発売になると思います。 14日には渋谷あたりのライブハウスで 武久氏は一晩中燃えるのだそうです。 このブログにもコメントくださるうぉーろっくさんに 熱い思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾道紀行

自分の出身地でも無く、地縁もない尾道なのに なぜか懐かしさを感じる町です。 かんかん照りの時も、真夜中も 海際の木道にたたずみ 行き交う船と、おだやかな海、 向こう岸のドックをながめていると 敏感なところはさらに敏感に、 不要なところは大胆に鈍感に、 自分らしく自然になれるのです。 今回は、東高校の体育館に存在する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

楽しく忙しい日常

先日の連弾コンサートが終わって私は沈没。 でも、その翌週にはフォルテピアノを運び、 レッスンはコンサート翌日から1日も休まずに行い、 次の活動の準備にとりかかりました。 武久氏はフォルテピアノのCDの最終編集へ、 良いCDが出来上がりました。 そして大学へ講義に、 さらに本郷教会(杉並区)で13日に シュッツ合唱団と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

渋谷の街を

土曜日の昼間、 人ごみの渋谷の街を 楽器を台車に載せて 転がしていく。 人々の視線、騒々しい街の音、 車のクラクション、 そんな中を楽器は 細心の注意の下で タイル模様の歩道を静々と進む。 とあるビルのエレベーター前まで来て、 この楽器は徐々に縦に押し上げられていく。 鍵盤を下に、尻尾はどんどん上に。 尻尾で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興奮のうちに

市ヶ谷ルーテルセンターでの 渾身の一夜が終わりました。 たくさんのお客様にご来場いただきまして、 本当に有難く、とても嬉しく思っております。 こんなに莫大な曲ばかりを長時間 本当によく聴いてくださいました。 メンデルスゾーンの交響曲が2曲、 それに弦楽八重奏曲の一楽章というプログラムは、 私には遠い道のりに思えました…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

武久氏がなぜピアノ連弾を?

来る5月14日は大変貴重なプログラムのコンサートです。 一夜限り、ここだけにしかないメンデルスゾーンが味わえます。 夜7時から市ヶ谷ルーテルセンターにて メンデルスゾーンの交響曲「スコットランド」「イタリア」や 八重奏曲などをピアノ連弾で演奏します。 その演奏内容を表すならば、 壮大に、熱く、マグマのごとく、 片や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月は春か夏か?(追加情報有)

5月2日(土) 19:00開場 19:30開演(開演時間にご注意ください!) 文京シビック小ホール 全自由席3000円 ミュージックギャラリーコンサート(主催:レヴールオーケストラ) チェンバロ:武久源造、ヴァイオリン:藤田めぐみ、レヴールオーケストラ ヴィヴァルディ/四季より「夏」 J.S.バッハ/チェンバロ協奏曲第3番 テ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ピアノの新領域

5月4日(祝・月) 13時30分~14時 「ラ・フォルジュルネ」エリアコンサート 場所:東京ビル・TOKIA (東京駅丸の内方面に出て、工事中の東京中央郵便局の隣、1階西側) このような場所で演奏します。30分だけ。 もしかすると椅子があるかもしれませんが、立ち見も覚悟してください。 連弾も入れる予定です。 さて、メインは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武久源造氏をご紹介します

昨日、ブログの記事を更新したばかりですが、 訳あって、武久氏を紹介する記事を掲載します。 画像も入れたので、読み込むのに重く感じる場合があるかもしれませんが ご了承ください。 武久源造 (たけひさ げんぞう/Takehisa Genzoh) 鍵盤楽器奏者 東京芸術大学大学院音楽研究科修了。チェンバロ、ピアノ、オルガンを中…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

音も桜も愛でてこそ春

長い準備期間を経て、ようやく 発表会が終わりました! 今季は、指導ということに随分情熱を傾けました。 その結果、生徒のみんなの熱演に感激! 私は花粉症の季節にこんなにがんばっちゃって 少々くたびれました。 個人的なコンサートでも発表会でも 大活躍のスグレモノが一つ手に入りました。 「紙の裁断機」 チケットのミシン目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりいそぎお知らせ

終了! 急に決まりました! 4月2日(木) 19:00 松本記念音楽迎賓館  自由席・全50席 3500円 「バッハの種、そしてメンデルスゾーンの花」 J.S.バッハ:オルガン曲、メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」ピアノ連弾版 ほか 開演まで、庭園のお花と建物が楽しめます チケット=03-3709-5951 松本記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時は流れて

長年、ピアノ教師や演奏やステージ作りをして 回数だけはとりあえずたくさん経験を積んでくると、 時々何かについての文章を書いてほしいと 頼まれたりすることがあります。 私の稚拙な文章でよろしければということで お引き受けしたものが、 経緯に訳ありで、数年も経ってから 印刷物となって手元に届きました。 この間に経過した時の流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた

突然に、しかもさらにレベルアップして、 明朝、しかも7時までに積み込んで、 足鍵盤付きチェンバロとジルバーマンピアノを 浜松へと運びます。 まだ先日の筋肉疲労が忘れられないと言うのに…。 浜松では、ある団体の例会や親睦会の一部として 演奏を行います。 一般の皆様をお誘いできないのが残念ですが、 こうやって2台の大型楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽器の近況

武久氏は、 ある期間、ものすごい熱意でジルバーマンのフォルテピアノを調整し、 今現在、とてもいい状態になっている。 音色と広がりと鳴りが感じられ、ようやくこの楽器らしい生命を 箱から取り出してあげられた、というような感じがある。 そして、先日、足鍵盤付きでチェンバロを演奏した。 当然のことながら楽器の調整をして演奏会に望…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

足鍵盤付きチェンバロ、久々の登場!

来る2月5日。 久々に足鍵盤付きチェンバロを運んで行く。 練習場にある楽器を解体するのも ホールに運んで組み立てるのも 大変な作業だ。 さらに、ホールに据え置いた暁には 動かすことができない。 上下が連結しているので、 その部分がずれたら…壊れる。 楽器ごと持ち上げることも もちろんできないし 向きを変えるとなった…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

落選 ~ 第一位?!+追記

§ このブログに、「ブログ気持玉」なるものが出来ました。 「ナイス」とか「なるほど」とか「驚いた」とかのご感想が 簡単にくっつけられるようになりました。 どうぞご利用くださいね。 § NECガラコンサート・エントリーの投票結果が先ほど出ました。 今回は投票システムが改善されて、スムーズな結果発表でした。 得票数の多い順か…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雪が舞いました

今朝ほど、東京にも雪が舞いました。 「大寒」ですからね。 降ってもあたりまえなのですが、 昨日は暖かかったし、 今日も雨はふりそうもなかったので 「先生!雪が降ってますよ」との声に 驚いて窓の外を見ました。白いものがチラチラ。 すぐに止んでしまったのですが、 生徒たちのはしゃぐこと。 雪のおかげで楽しいレッスンになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more