12月10日武久源造バッハシリーズ@近江楽堂

お久しぶりです。 今年ももう20余日。早いですねぇ。 色々と活動はしていたのですが、 中でも、武久氏の ジルバーマンモデル・初期ピアノについては 改良のお手伝いが多くありました。 この楽器が出来た時から今まで、 武久氏による楽器のメンテナンスによって 音がどんどん変化していくので、驚きの連続でした。 今ようやく…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

8月19日バッハシリーズ

暑中お見舞い申し上げます 暑くて蒸し蒸しだったり、大雨の連続だったり 言い出したらきりがないほどいろいろある毎日ですが、 涼やかな音楽を聴いて、またはアツーイ音楽を聴いて、 ひとときの別世界に浸りましょう! さて、直前となりましたが、コンサートのご案内です。 「武久源造バッハシリーズvol.3」 J.S.バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アントワネットのおかげ

先日6月11日に、シングルアクションハープの摩寿意英子さんと私のスクエアピアノでのコンサートを行いました。 ご来場の皆様、ありがとうございました。 デリケートな楽器ですから、当日のアクシデントなどがありましたけれど、 皆様にご好評いただけて、本当にうれしいです。 アントワネットの時代の音楽や、 フランス革命時にイギリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムコーヒーとコンサート!

先日の4月6日の花まつり。 お陰様で無事終わりました。 その時の出来事。 ある経緯があってコーヒーを頂いたのですが、 それが、驚きました! 私がいつも行くお店のものだったのです。 しかもお豆で(自分で挽くのが好きなのです) 小さなお店で、ご近所づきあい的に懇意にしている店です。 初対面の方がそのお店のコーヒーをプレゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハシリーズほか

しばらくお休みしていたおかげで だいぶ元気になりました(^-^)v 目が疲れているので大きな文字にしました(笑) 今日は宣伝です! ◆2014年4月1日(火) 近江楽堂 (東京オペラシティ 3F、京王新線初台駅から徒歩3分) 「武久源造バッハシリーズvol.2」 チェンバロとジルバーマンピアノを使用して、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除夜の鐘が鳴り出しました

お蔭様で今年もなんとか暮れまでこぎ着けました。 皆様には感謝いたしております。 12月のいわきアリオスでの公演では 僅かずつですがチェンバロ、オルガン、モダンピアノと、 3種類の鍵盤楽器を弾くことができました。 嬉しかったです。 実は個人的には体調に不安を感じていたのです。 今年は精神的なダメージが大きく、 体調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vol.2

「武久源造バッハシリーズ@近江楽堂 Vol.1」は、 当日の寒気と湿度低下に悩まされたものの 無事に終了いたしました。 ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。 さて、その時のプログラムにも載せましたが、 武久氏の今後の予定です。 12月6日(金)19:00 杉並公会堂   中村孝志(キートランペット)レクチャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

経過・近況・宣伝・予告

しばらくご無沙汰していましたので、 経過や近況などまとめて書きます。 武久氏の宣伝も後ほど出てきます。 8月:福島県いわき市のアリオスホールにある、16フィートのついたチェンバロと それより小型の1段鍵盤の楽器の下見と調整に伺いました。 8月末~9月:声優の麦人さん主宰の「じゃがいも塾」という 「語り同人」の会があり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

本日の日記

東京は蒸し暑くなって来ました。 何しろこの高温と湿気はチェンバロには大敵。 ピアノでさえも調子が悪くてたまりません。 楽器の機嫌を見ながらの毎日です。 レギュラーでピアノを教えるほかに、 最近はフンメルやドゥシークの連弾曲を見ています。 合間にリストやショパンやブラームスなどが顔を見せています。 そしてチェンバロにも真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドン展→フンメル

いつもながら話題が複数にまたがってしまい、 お読みくださる方を混乱の渦に引き込んいることと 反省はしております。 ですが、また二つの話題です。 先日、「ルドン展」に行きました。 友人が、ひきこもっている私を引っ張り出してくれたのです。 「オディロン・ルドン」については ご存知の方がいらっしゃるでしょうけれど、 黒炭画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況とコーヒータイムとか

一昨日は近江楽堂へ。 昨日はCYR(幼い難民を考える会)報告会へ。 カンボジアでの活動やその背景と、宮城からいらした「災害子ども支援ネットワークみやぎ」代表の小林純子氏のお話を伺った。昨年、広島の音楽家からの要請で被災地にピアノを贈る件のときにお世話になったのが小林氏である。あれからずいぶん日にちを経たのに、 カンボジアも東日本も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

発表会プログラム

愚痴はいいたくないけれど、 毎年、発表会のプログラムには悩まされます。 2週間ぐらいはほぼ毎日これにかかりきり、 〆切り前の2,3日はほぼ徹夜の状態。 こんなに苦労してるとは、 生徒さんたちはご存知ないことでしょう。 結局は、 「苦労しないように教えればいいのに」 ということになってしまうので(苦笑) とても口には…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ!武久源造の花まつり!

花は時を知って開花してこそと感じるこの頃です。 今年と来たら、梅や沈丁花から桜はもちろんクロッカスや小手毬などまで 一斉に咲いてしまって、順不同。 「やっと咲く」という演出が薄いなぁ…と思いながらも 満開の桜に見とれています。 さて、春と言えば「花まつり」! 恒例の「花まつりチャリティーコンサート」のお知らせです。 コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百歩譲って…マスク

今年は春の嵐が多いですね。 今日も風がビュービュー。 レッスンをしているときに、木造の我が家は 「地震か?」と思うほど風で揺れました。 そんなにボロ屋ではないはずですが(笑) 風速20メートル近い突風が当たると ものすごい衝撃なんですね。 そんな中でのレッスン、 私も生徒も花粉症。 二人とも大きなマスクです。 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご協力お願いっ!

東日本大震災が起こってから 東京でのチャリティー演奏や 被災地へのピアノ寄贈 避難者の子どもたちへのピアノ教室紹介や先生派遣などで わずかながらお手伝いをさせていただいております。 今回は 閉校になる小学校の最後のイベントを お手伝いしたいと思います。 昨年来、この地区に縁がありまして 情報を頂きました。 閉校と…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

また頑張ります

毎日さむ~いと言いながらも、 少しずつ春の気配が感じられるようになりました。 昨日から軽く花粉症も始まりました。 春は待ち遠しいけど花粉は参っちゃいますね。 さて、この数年、 私自身の調子の悪さと母の看病が重なり、 生活が私的なことに傾いていました。 母が他界した直後は 引き継ぐ責任が重過ぎて 息が詰まりそうでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名曲喫茶

母が亡くなってから、 ふとすると悲しさに捉まってしまう自分がいる。 毎日慣れない書類の記入や事務連絡に追われて 疲労困憊。 司法書士という職業の方もいらっしゃるが 頼めない部分も多いし、母の足跡を1つ1つ辿りたくて 自分で行なっている。 運良く、私は大して売れてない音楽家だから こんなヒマなことができるのでしょう(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異次元の音

私事ですが、 母が亡くなったのと交代に 孫が生まれました。 ちょうど母の姿が煙となってしまう日の朝 新しい命が誕生しました。 「めぐり合わせ」を意識させられました。 うれしいはずなのですが、 実際は、「なんだか皮肉なものだな」 と思ってしまいました。 その時は悲しみのほうが勝っていましたから。 それにしても、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

命の交差

最近、音楽のことはフォルテピアノやモダンピアノの連弾ばかり。 広がりを持つ余裕がありません。 また、子供たちの発表会の準備もしなくてはならないのだけれど、 なかなか手につきません。 それというのも あと1週間で私の孫が生まれ そして、 あと2週間~3週間で リンパ腫を煩っている母が最期を迎える という悲喜こもごもに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽のある風景

自宅から車で練習場に向かうとき いくつかの裏道から「善福寺」あたりで 「青梅街道」という大きな道に出ます。 その瞬間、 パアッと景色が一変して明るい黄色に圧倒されます。 道の両側の銀杏並木が、 今は見事に色づいているのです。 ほんとーーーーに美しい!! 「燃え上がる」ようなエネルギーを感じる黄色が ずうっと整列して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more