雪の日の郵便

今日の東京はとても寒く、時々雪が降っていました。

そんな中、一通の書留が届きました。
「ピンポーン」
「はーい!」
「郵便局です」
「はいっ。少しお待ちください」
二階からトントンと降りて玄関に行くと、
雪の降りしきる中に女性配達員さんが立っていました。

受け取りのハンコを押して、郵便物を受け取ろうとしたときです。
その配達員さんはグイッと手を伸ばして
庇(ひさし)の下の雪がかからない場所に郵便物を差し出すと、
覆っていたビニールを取って、
きれいなままの書留郵便を渡してくれました。

ビニールを取る彼女の手、手袋はずいぶん濡れていて、
いくぶんかじかんでいるのか、やりにくそうでした。
それでも、一滴も濡れていない郵便物を私に手渡して、
少し微笑んだのが目元でわかりました。

もちろん仕事のマニュアルもあるのだろうし、
独自の達成感などもあるのかもしれないから、
勝手な想像はよくないことです。
けれども、感謝とねぎらいの短い言葉を発している私に、
否応なく通じて来た何物かがありました。

かっこよくバイクを駆使して、再び雪の中を去って行った配達員さんの
郵便愛と使命感です。

いつも音楽の仕事で感じている愛と使命感。
私の勝手な想像だとしても、
ここにもあった!と嬉しくなりました。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント