クレメンティ・ピアノ、11月に向けて

11月9日のコンサートに向けて
準備を進めている今日この頃です。

思えば昨年のちょうど今頃、
軽い気持ちで意気揚々と健康診断に行き…、
その結果……↓
あまりのショックで心底から落ち込みました。
その後、病院通いが続き、
健康優良大人のはずが、行くたびに驚愕する日々。
あっちも…こっちも…。
ここ数年で溜まった精神的ダメージが体に出ていたようです。
年齢もあるかしら。
しかし本人が気付かなかったというノウテンキが問題(笑)。

入院は回避したものの、
その後の半年間は恐る恐るの生活。
自分でも意外でしたが、
予想に反して完璧にストイックになって
ドクターの指示通りに生活。
3か月目には脅威の回復。
(回復の早さにはドクターもびっくり!)
6か月目には要注意ながらも「異常なし」となり、
約10か月で通院も終了。
おかげで体重が少し軽くなりました。
でも普段の生活以上の運動禁止だったので、
お腹は細くなりません(笑)
現在は正常がキープできていて、
多少の無理はOK.なので、ご心配なく。
お腹は相変わらずだけど、
めでたし、めでたしです。

私の人生の曲がり角だったというか、
新しい展開になったというのか、
確かな変化の時期でした。
その間の心の支えになってくれたのが
クレメンティのピアノ!
優しい音色が心を柔らかくさせてくれました。
200年前の木、現在の空気の振動、
それぞれの印影が混ざり合って
豊かなふくらみと独特な華やかさを
ふわぁ~っと醸し出します。
「このピアノと一緒なら大丈夫だ」
と思える包容力もある楽器です。

11月9日(木)夜7時~近江楽堂(東京オペラシティ3F)
このクレメンティのスクエア・ピアノで
コンサートを行います。
木曜日の夜……お客様少ないかなぁ……心配…
どうか皆様、足を運んでみてください!!
この貴重で実に美しい楽器を間近で聴いてください。

フォルテピアノとクレメンティの認識が
きっと新しくなるコンサートになります。
200年の時を経た楽器とともに、皆様が今ここにいる!
この大切な時間を共に過ごしましょう!!!

元気になった私に会いに来てくださいね。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック