ご協力お願いっ!

東日本大震災が起こってから
東京でのチャリティー演奏や
被災地へのピアノ寄贈
避難者の子どもたちへのピアノ教室紹介や先生派遣などで
わずかながらお手伝いをさせていただいております。

今回は
閉校になる小学校の最後のイベントを
お手伝いしたいと思います。
昨年来、この地区に縁がありまして
情報を頂きました。
閉校となる校舎にプロジェクションマッピングをしたいという
大胆で素敵な発想に惹かれました。
帰り道もキャンドルで照らしたいのだそうです。
明るい灯火もイベントの計画立案も
被災者の皆様の希望であり、
達成感や充実感を味わえるものだと思います。

私のブログに載せることによって一人でも多くの方に知って頂き
ご協力につなげていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

プロジェクションマッピングとは、東京駅の新装オープンの際に
駅舎に映像を投影して物語のような世界を作り出したあの手法です

チケット購入という形の募金ですが、
当日、現地に行けなくてもwebでイベントの進行状況が
確認できます。
また、購入者にはプレゼントもあります。
チケットは500円、1000円、3000円、~~~高額まで。
登録していただければどなたでも
何度でも参加購入することができます。
あと22日で60万円以上を目標にしています。
どうか皆様ご協力のほどよろしくお願いいたします。

詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://motion-gallery.net/projects/hamaitisyou


なお、私は演奏はしませんので、
お知らせとご協力のお願いとして書きました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

石巻市民です。
2013年03月01日 21:05
70万円をかけて、プロジェクトマッピング……大胆な発想ですね。これは『復興支援』ですか。このお金を本当に大変な方々に寄付する方が良いと思います。
山川
2013年03月02日 04:27
石巻市民様

はじめまして。
お返事が長くなってしまったので、2つに分けてコメントしますね。

よくぞお読み下さいました。そしてコメントをありがとうございます。感謝いたします。
石巻市の地震と津波と火事の被害に対しましては
心よりお見舞いとお悔やみ申し上げます。

まずは、被災地で小学校の修復開校を願っていたけれども閉校と告げられた人々と、寄付をしようとする私のような人間と、更に甚大な被害のあった石巻にお住まいの方という三者の立場がありますね。

地震当日の悲惨な経験から、今もって苦しんでおられる方が大勢いる中で、校舎にお別れをできることは贅沢なことだと思います。
70万円が集まるのなら、別の使い道をというご意見も理解はできます。
しかし、この小学校に関わる人たちにとって廃校はショックなことです。自分達で儀式をして別れようとする意味深いイベントなのだと思います。幸いにこのイベントを企画したことで彼らが元気になっていると思います。
「目標や希望を今一度持って、地区のみんなで動き出そう」としているからです。
内容的には、もしかしたら企画倒れになる可能性のある方法に打って出たのは驚きです。途方もない目標であるプロジェクトマッピング(以下P.M.)という選択にも驚きましたが、確かにこの目標なら達成に向けて元気が出るでしょう。それらを総合して考えると、私には開催価値があるものと思えます。
この点では、石巻にお住まいの貴方様と温度差があるかもしれません。

もちろん私は、お金が生活支援に使われることは第一義的に考えており、これからもそうしていくつもりです。
と同時に、募金活動のいくつかが終了していく昨今、継続支援の必要性を認識してもらい、少しでも被災地に関心を寄せてもらうことは大事なことだと考えます。

山川
2013年03月02日 04:29
続きです。

もし貴方様が本当に大変な状況ならば、その状況をお知らせ下さいませんか?
このブログの読者は少人数ですが、「知らせる」ことはできると思います。

もし私がこのプロジェクトに寄付したとしても、他の被災地への募金を削るということはありません。
やりきれない思いに折り合いをつけて、前向きに明日への元気を持つこと。形には残り難いですが、この「元気」への支援も復興への道だと私は思います。
P.M.が無駄遣いのように思われるのかもしれませんが、人は何がきっかけで変わるかわかりません。なんでもやってみるべきです。P.M.はとても感動的です。私はこの苦しい状況の中でよく思いついたなぁと感心してしまいました。

同じ被害にあっても状況や感情はそれぞれですし、寄付する側の人間の事情や感情も一様ではありません。
貴方のおっしゃることは、まったくそのとおりで当然ですが、私は音楽家なので人間は夢がなければ頑張れないこともよく知っています。頑張っておられる被災者の方々が一時ホッとしたり、夢を実現したりすることが、生活支援の一部にもなると考えています。

今回私は、ブログで皆さんにお知らせして呼びかけるだけです。目的がはっきりしている寄付なので、協力の可否は個々のご自由です。

私は主催にも企画にも関係しておらず、たまたま情報を得られたのでお誘いしましたけれども、私が知り得る情報には限りがあります。
もし、「本当に大変な方々」に確実に寄付が渡る方法をご存知でしたら是非お知らせください。このブログで協力を呼びかけることはできますよ。


山川
2013年03月02日 12:11
コメントの中で「プロジェクトマッピング」とあるのは
「プロジェクションマッピング」の誤りです。間違えてしまってごめんなさい。
再コメントです。
2013年03月03日 17:00
「震災復興」をうたえば、何でもありな(お金を集められる)空気があります。募金を集めてまで、豪華な演出をしなくても、関係者や地元の人々の心に残るやり方があるのでは?同じ地元の友人(音楽家)は「私達の仕事は、反感や顰蹙をかわない様に、慎重にしなければならない」と言っていました。この温度差を知って頂きたいです。
山川
2013年03月04日 01:02
再びありがとうございます。
東京はようやく強風がおさまりました。
石巻はいかがですか?
先週から雪がひどいようですね。

内容了解です。
確かに復興支援の名のもとに、詐欺まがいのことが起こっていますからね。
音楽家がどうあるべきかは千差万別なので一概には言えません。私のような開拓的音楽家は海外でも日本でも、しばしば反感や顰蹙を超えたところに居場所があります。「優しく」「きれい」「枠におさまって」は無理ですが、いろんな夢を持ち続けています。とはいえ、簡単に復興支援と音楽活動をイコールにはできないので、もちろん慎重に地元の方のご意見を伺った上で支援しています。

ところで、
本当によく私のブログにいらっしゃいました。
わずか二十人ぐらいの読者という規模なのに。
私や仲間は石巻の遊楽館や、
駅近くの会場で以前から演奏をしておりましたので、
その頃からご存知でしたか?それとも今回初めてですか?
いずれにしても直接現地の方とお話しできるのは本当にありがたいです。
このイベントの問題をお知らせくださった
貴方様の愛情はしっかり受け取りました。
もし、貴方様の実名かブログアドレスなどをお知らせいただけましたら、今回のコメントを記事としてメインに載せますよ。コメント欄よりは多くの人に知ってもらえると思います。

このイベントについて
貴方様と同じ考えをお持ちの方は、当然寄付もせず、私のブログも読みたくないでしょう。
貴方様のご意見は私の所も取り上げますが
主催者さんにご連絡したらいかがですか。

蛇足ですが、私は親戚の老夫婦を家ごと流され、故郷の浜がめちゃくちゃになり、喪失感が大きかったので、少しでも何かできることがあればと思っています。
私のできることはたかが知れていますが。

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: ご協力お願いっ! 山川節子 活動記/鍵盤楽器奏者・武久源造の情報有/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 05:48